自動車保険の一括見積 ダイレクト保険 自動車保険の選び方

対物賠償保険とは?

【対物賠償保険】
対物賠償保険は、事故で他人の車やモノなどの財物に、
破損、汚損、滅失などの損害を与え、
法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる制度です。

 

 

自分の財産を壊しても対物保険金はおりません。
対物は、相手車両だけとは限りません。
家屋や店舗、電車などに損害を与えた時には凄く高額な請求が発生して
低い保障内容ではカバーしきれないケースあります。

 

「間接損害」 間接損害と言って事故により壊してしまった相手の施設で、
事故が無ければ得られていた利益などの事を言います。
間接損害の補償も対象になるので高額請求になって、
対物賠償保険でも「無制限」に加入していないと賠償しきれなくなります。

 

【実際に発生した高額請求例】
対向車と衝突後、店舗に飛び込む認定損害額1億3.580万円

 

電車と接触して脱線させ、家屋を損壊させる認定損害額1億2.037万円